2020年03月19日

津波救助装置検証モデルMHI-001、竣工。

みじんこ重工の初号機、ケーブルトラスによるフェンス型津波救助装置の構造検証モデルMHI-001が竣工しました!

津波救助装置概念実証モデル通常時通常時は、このように直立したただのフェンスですが、

津波や洪水により浸水すると、
津波救助装置概念実証モデル押波時
こんなふうになり、水中を流される被災者が漂着すると、フェンスを透過する水流により水面に押し上げられ、救出されます。
(こうぞうは、ケーブルと支柱がトラスになるので、強いのです。車などの漂流物は、マストやケーブルでガードします。)

引波になると、
津波救助装置概念実証モデル引波時
このように反転します。津波なら、引波で海に流されるところの被災者を救出します。
(ケーブルと支柱のトラスも反転するので、押し波の時同様、強いのです。)

伝説のしょくにんの手による、美しい装飾が施された土台や、美しいクロムメッキの金物が印象的ですね!あ、どうでもいいですね!

このフェンスタイプの津波救助装置の解説は、こちらのページをご覧ください。

この構造検証モデルMHI-001の建造にあたり、津波救助装置部分の材料には、アイスの棒が採用されました。
中でも美味しさに優れた特性を持つ、ガリガリ君とブラックモンブランが選定され、当社の代表者がお腹を冷やしながら数十本を食し、そんな代表者の献身的な働きにより、必要量の材料が集められました。

材料調達中、ガリガリ君は通常のアタリに加え、「ガリT」まで当たり、ブラックモンブランは確か合計1500円分ほどのQuoカードや図書券が当たり、何か逆に儲かった???かも知れません...
ガリガリ君とブラックモンブランの当たり棒
竹下製菓のブラックモンブランには子供の頃からお世話になっていますが、何度も500円を当てた記憶があり、子供ながらに経営は大丈夫だろうかと心配してしまうほどでした。
Quoカードや図書券が送られる際、心温まる良い話のプリントが同封されていました。
社会貢献の理念を持って経営しているんでしょうな。応援したいです!


【みじんこ重工の最新記事】
posted by みじんこ総研 at 16:21| みじんこ重工

2020年03月16日

米国建築家協会イベント報告/カナダ人アーティストTim Porter氏の作品紹介

AIA(米国建築家協会)日本支部のイベントに参加してきました。

イベントでは、アーティスト・写真家の、Tim Porter氏による、作品の紹介および制作過程解説のレクチャーがありました。

AIA Tim Porter Lecture
会場となった恵比寿ガーデンプレイスKINTANのデザイナー、Design Eight主催の藤井信介氏も参加

見識を広めたいという学生さん達も参加しており、熱の入ったレクチャーに、みじんこも刺激を受けました。

Tim Porter氏の作品は、非常にシンプルで、心の「温かみ」や「躍動感」、「新鮮さ」を焼き付けたような作品が多く、作品に共通して感じられるのは、「アート」として主張するのではなく、飾られたその空間に、静かに息吹を吹き込む優しさです。

AIA Tim Porter Lecture

アーティスト本人の人格を滲み出させたような作品の数々でした。

AIA Tim Porter Lecture

Tim Porter氏の作品は、日本では恵比寿ガーデンプレイスタワー38Fのステーキハウス・KINTANで見ることができます。

作品の多くは、カナダ国立美術館などに収蔵/展示されています。詳細


AIA Tim Porter Lecture

その後、Tim氏、AIA Japan前会長、プリッツカー賞の槇文彦事務所やシカゴのWheeler Kearns事務所の主任建築家といった錚々たる顔ぶれの皆さんと、

みじんこ総研☆設立祝賀パーティー に移行しました!

Timさん、すみません、集まりのコンセプトを思いっきりブレさせた挙句、会合ジャックしてしまいました...
そして、本当に気さくで優しい皆様、感謝申し上げます。皆様の今後のご活躍を祈念しております。
これからも懲りずに、どうぞ宜しくお願い致します。

尚、海外では、みじんこを知っている人がほとんどおらず、"Daphnia(みじんこ)"って言うと、「ギリシャ神話の神の名だな!?」などと、荘厳な意味に勘違いされます。そのままで良い、そのままの理解で...

Dear guys, thank you so much for the impressive lecture and the memorable party!
posted by みじんこ総研 at 05:37| 建築

2020年03月15日

みじんこ重工、始動!!

先日、みじんこ総研合同会社(本社・東京都)は、世界規模の小売業大手・椛蜻n産業(本社・広島市)と売買契約を交わし、万力、やすり、糸ノコ等を新調する設備投資を行いました。


deal.png

これにより、みじんこ重工(略称:MHI、Mijinko Heavy Industries)が発足しました。

みじんこ重工は、社内カンパニーっぽい何かであり、
今後ガラクタを含めた様々なあれやこれを生産していく予定です。

MHI.jpg



ひこーきとか、欲しいものがあれば、お気軽にご注文下さい。
乗れないタイプでコントロールできないタイプであれば、多分なんとか。(所謂、MRJ: Mijinko Rarihou Jetのことです)
らりほう!!
posted by みじんこ総研 at 01:46| みじんこ重工

2020年03月13日

コロナウィルス等感染防止技術

未だ感染拡大を続け、終息の見通しが立っていないコロナウィルスですが、みじんこ総研では、感染防止の技術や方法についての検討を進めております。
有効な成果が出て、社会実装の方法の見通しが付きましたら、ブログやHP上で報告したいと思います。

「できるワケないだろ馬鹿野郎!」「ゴァーッ、ペッ、ペッ」「この猿!」「みじんこがぁ!!」などと、熱のこもった温かい声援が聞こえてきそうです。

しかし、「ひょっとしたら課題解決できる方法もあるのかもしれない」と思って検討する人が100万人いれば、それなりの方策というものも出てくるかも知れません。その100万人の一人として、検討を進めたいと思います。

確かにまぁ、有効な方法を確立できたとしても、微細な企業にとって何かを世に出すということは非常に困難なもので、資金調達含めとても時間がかかるので、あまり意味はないのかも知れません。

きまぐれの遊び半分(残りは冗談半分)で続けたいと思います。

でも、オリンピックに間に合ったらいいなぁ。

posted by みじんこ総研 at 00:28| 社会・福祉

エネルギー回生システムの研究を開始しました

押忍、みじんこ総研でございます。

みじんこ総研では、乗り物のエネルギー回生システムKERESの研究開発を開始しました。
結果が出るかは、お楽しみです<~~>
posted by みじんこ総研 at 00:09| インダストリアル

2020年03月11日

東日本大震災があった日/みじんこ総研の誕生

 本日3/11は東日本大震災のあった日ですね。

 数年前の本日、FBのとあるグループで、津波でお子様や奥様を亡くされた方が、亡くされたご家族の追悼の投稿をされているのを見たことがありました。

 この時、何か自分の技術でできることは無いのだろうかと考え、津波防災施設の検討を始めたのが、みじんこ総研のルーツであります。いわば、みじんこ総研の第二の(第一の?)誕生日かも知れません。

 事業化することを決めたとき、その方にコンタクトを取って御礼というか何か伝えようと思いましたが、大きなグループだったので、結局その方を見つけることはできませんでした。

 しかし、それからというもの、空き時間を見つけてはモーレツに津波防災の検討に打ち込み、膨大なアウトプットができました。ほとんど糞詰まり状態ではありますが...

 ということで、その方にお礼を伝えることはできませんが、みじんこ総研の防災技術で助かる人がいたならば、あなたと、あなたの亡くされたご家族のお陰ですよ〜!って、何かココで微細なみじんこがつぶやいても意味ないだろうとも思いつつも、

 あなたの亡くされたご家族並びに亡くなられた数多くの犠牲者の方々のご冥福をお祈り申し上げます。
あの災害があってから、日本人は変わりました。お陰様で、お互いを思いやり、大切にし合う、優しい人たちの素晴らしい国になりました。

 また、みじんこ総研としてここまで来れたこと、そして将来、みじんこ総研の技術で助かる人がいるものと勝手に思っており、ここで、助かる人たちの分も感謝申し上げます。本当にありがとうございました!
posted by みじんこ総研 at 13:18| 津波防災

2020年02月19日

くらうど家族

車や住宅同様、家族も所有しない時代となりました...!?


みじんこ総研では、家族の境界を緩くして、お互いをコミュニティでシェアしあう、「くらうど家族」を提唱しています。


少子高齢化の時代の課題解決を、そろそろ真剣に考える時ではないかな、と。


※人身売買や売春システムではありません

posted by みじんこ総研 at 19:42| 社会・福祉

2020年02月17日

オープンイノベーションふぁ〜む「みじんこ牧場」を開設しました!

みじんこ総研のWEBサイトに、オープンイノベーションのページ「みじんこ牧場」が追加されました。

みじんこ総研のオープンイノベーション


弊社のイノベーションや技術にご興味をお持ちでしたら、共同研究・共同開発等、様々な形で協同頂けますので、是非お知らせ下さい。(→こちら

現在、特に防災分野に力を入れております。
また、特許等知的財産権の譲渡や実施権のライセンシングも承ります。



posted by みじんこ総研 at 06:00| みじんこ便り

2020年02月12日

津波火災消火方法「津波火災消火ポイント」の提案

津波火災消火方法「津波火災消火ポイント」の提案です。

津波の襲来時、様々な燃料が水面を漂流することにより、津波火災が発生するものと思われますが、これら燃料よりも比重の軽い不燃性の液体や、流動性の高い発泡した泡消火剤を流出を流出させ、燃料の表面を覆ってしまうことにより消火するものです。

tsunami-firefighting-timeline.gif

風雨や直射日光を避けるための簡単な小屋の内部に、消火液を貯留した容器を、浸水時に蓋が外れて消火液が拡散されるように置いておくだけで、津波により浸水した際に消火液を流出させることができます。これにより、一定範囲の消火が可能になるのではないかと考えております。
posted by みじんこ総研 at 22:29| 津波防災

2020年02月11日

避難のためらいが生死を分ける!?

災害時の避難は、結局は避難する人の意思や判断に委ねられます。
ためらわない避難が生死を分ける、その認識が重要なのでしょう。



/ 中島広子氏(防災科研・「脳波を用いたゲリラ豪雨直前予報伝達に向けた情報設計」)・島崎 敢氏(心理学者)
タグ:心理 判断 避難
posted by みじんこ総研 at 20:48| 津波防災

2020年02月04日

天井裏生存空間

天井裏生存空間のページを追加しました。
津波等水害の際、自宅内で避難して待避できます。安く簡単に作れます。


ceilingrefuge-loftshelter-animation.gif

ceilingrefuge-renovation.gif

ceilingrefuge-ub-animation.gif

ceilingrefuge-staircase.jpg

posted by みじんこ総研 at 17:14| 津波防災

防災科学研究所イノベーションフォーラム





1月30日、防災科学技術研究所/虎ノ門サテライトオフィスにて、「防災X福祉」をテーマにしたイノベーションフォーラムが開催されました。
みじんこ総研は「高齢者・身障者の引上避難方法」や「天井裏生存空間」の提案をさせて頂き、お陰様で多くのご好評を頂きました。
いつもながら、防災科学研究所及びフォーラム関係者の皆様並びに参加者の皆様には、誠に感謝申し上げます。


防災科研フォーラム
posted by みじんこ総研 at 16:51| 津波防災