2018年11月24日

津波の浸水時に開放して水流を受け流しつつ住人を救助する壁の構造

津波の襲来時、壁に水流による大きな荷重が作用し、倒壊する危険があります。
みじんこ総研では、浸水時に、壁体を確実に開放することで水流を受け流し、かつ、水にのまれて遭難した人を救出可能な漂着避難施設を形成する構造を提案しています。

「津波対応ビル」「津波対応壁体」
津波の浸水時に開放して水流を受け流しつつ住人を救助する壁の構造

マンションへの適用例
condo-animtion-front.gif
posted by みじんこ総研 at 03:09| 津波防災

高齢者等の避難引き上げ装置

津波などから、高齢者や身障者の方を避難所などに引き上げて避難させることができる、引き上げシステムの提案です。

illustration of weight lifting system.gif

lifting_stair_animation.gif

おもりまたは他の人の体重を利用するため、電源喪失時にも機能させることができます。
この方法は、山岳レスキュー等にも活用できるのではないかと考えております。

詳しくは、こちらのページで解説しております。
posted by みじんこ総研 at 00:34| 津波防災

2018年11月15日

AIを活用した津波からの避難誘導システム

evacuation-indicator.jpg

AI/IoT技術を活用した避難誘導灯による津波や洪水からの避難誘導システムの提案を掲載しました。

area-evacuation-scheme.jpg

誘導灯の光の色などにより津波の進行方向等の状況を示し、安全な避難を誘導するシステムです。

http://www.mijinko.biz/evacuationindication/evacuationindication.html

evacuation-instruction-w1200.jpg
posted by みじんこ総研 at 12:34| 津波防災

2018年11月13日

第5回気象災害軽減イノベーションフォーラム「防災×AI」

11月29日(木)防災科学技術研究所・イノベーションフォーラムでの技術紹介のお知らせ

国立研究開発法人防災科学技術研究所による、第5回気象災害軽減イノベーションフォーラム「防災×AI」にて、みじんこ総研の津波避難誘導システムや漂着避難装置へのAI/IoT技術の適用についてご紹介させて頂きます。
フォーラムでは、防災分野へのAIの適用や、ディープラーニングを活用した防災に関する研究などの講演が予定されています。参加ご希望の方は、先着順・事前申込制となっておりますので(防災科学技術研究所に申込)、早めにお知らせください。

〜第5回気象災害軽減イノベーションフォーラム「防災×AI」概要〜

主催:
国立研究開発法人防災科学技術研究所/気象災害軽減コンソーシアム

後援:
土木学会 土木情報学委員会 IoT/AI活用研究小委員会
土木学会 地震工学委員会 AI・IoT技術の地震工学への有効活用検討小委員会
土木学会 構造工学委員会 構造工学でのAI 活用に関する研究小委員会

協力:
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)

日時:
2018年11月29日(木曜日)13時00分〜17時00分

場所:
防災科学技術研究所東京会議室
(東京都港区西新橋2丁目3番1号 マークライト虎ノ門6階602室 会議室 C,D)
posted by みじんこ総研 at 22:01| 津波防災